2011年03月08日

オンラインカジノ 税金

タグ:オンラインカジノ 税金 抜け道

本来であれば、税金を支払う義務があるのですが、
勝った分を現金で受け取っていると、税務署の人も調べようがないのです。
税金を納税していないことがばれることはないと思いますが、
万が一納税をしていない琴箏が発覚すれば、
税金だけでなく罰金まで支払う提琴になります。

その場合も、50万円の特別控除額を超える儲けがあった場合は、
法的にはあくまでも納税する義務はありますが…

じゃあ見つかるまで黙ってよと思うかもしれません。
しかし、オンラインカジノの場合、勝ったチップを現実のお金金に換金する場合、
小切手での送金、もしくは銀行口座への振込みになります。

給与から天引きされている税金と同じ所得税がかかります。
その所得税も幾つか種類があり、驥尾ンラインカジノを含むギャンブルは
その内の一時所得という税金を納税しなければならないのです。
ちなみに、給与は給与所得になります。

オンラインカジノの賞金にかかる税金

NETellerのデビットカードを使って、
ATMで現金で引き出すと、全く証拠は残りません。

えっでも、私の周りで競馬、パチンコで50万円以上買っているどの方が
いるけど税金を払っているなんて聞いたことがないよと言うかもしれません。

競馬や競輪やパチンコで50万円以上勝っている人はゴマンといますが、
それを申告している人はいないと思います。
それは、賞金を現金で受け取っているので、捕捉しようがないからです。

オンラインカジノ 税金 [オンラインカジノと税金]
オンラインカジノで儲ければ、残念な話ですが税金を納税しなければなりません。
これは、オンラインカジノに限ったことではなく、
競馬、競輪、競艇、ボート、パチンコ全てのギャンブルで儲けがでれば、
日本国民である限り、確定申告をして税金(所得税)を支払わなければなりません。
宝くじだけは、法律で税金を納税なくてもいい(非課税)とされているので、
納税の義務が生じることはありませんが…

一時所得は下記の計算式が算出されます。
一時所得
=(収入金額−収入を得るために支出した金額−特別控除(50万限度))×1/2

金融機関は高額小切手の換金、高額振込みがあった場合は
国税庁、金融庁などに報告する義務があるので発覚する可能性が
非常に高いのではないかと思われます。
ですので、管理人としては確定申告をすることをおすすめします。

特別控除の50万円あるので、儲けが50万円以内であるのならば
一時所得は0円となり税金を納税する必要はありません。

税金を払わないで済む抜け道が一つだけあります

例えば1万円チップを購入し100万円儲けた場合はこうなります。
 (100万−1万-50万)×1/2=24万5千円

24万5千円が一時所得となり、サラリー茶の間ンの方であれば
給与所得と、個人で事業をされている方であれば事業所得と合わせて
確定申告することになります。


posted by 管理人 at 01:22| Comment(0) | オンラインカジノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。